福井県社会就労センター協議会

ふくいセルプ協事務局

「ふくいセルプ協事務局」は、福井県社会就労センター協議会 に加盟しております。

福井県社会就労センター協議会 (ふくいセルプ協)|概要

〒910-0026
福井県福井市光陽2-3-22 福井県社会福祉センター 3F

Tel:
0776-63-5099
Fax:
0776-63-5705
Url:
https://e-selp.org/
福井県社会就労センター,福祉,協議会,ふくいセルプ

お知らせ

第12回 セルプ総合スキルコンテスト報告

第12回をむかえた平成最後のスキルコンテストが、去る 2018年11月20日に、福井県生活学習館(ユー・アイふくい)で開催されました。今回は特別後援として、福井フェニックスロータリークラブ様が大会をバックアップ。福井県はじめ他の後援の方々のおかげをもちまして、イベント運営も... 続きを読む more_bm

福井県社会就労センター協議会の目的

1985年(昭和60年)11月に、身体障害、知的障害、生活保護、小規模など障害種別を越え、福井県内の授産施設(社会就労センターSELP)などにより、横断的組織として発足しました。

会員施設が連携し、概ね下記事業などの社会就労事業を推進することで、利用者の社会的、経済的及び職業的自立を図ることを目的としています。

福井県社会就労センター協議会 (ふくいセルプ協)のあゆみ(沿革・歴史)

福井県社会就労センター協議会の主な事業内容

various
  1. 社会就労センター商品の開発、販売促進及び販路開拓
  2. 社会就労事業普及、発展のための広報
  3. 社会就労事業振興にかかる調査研究
  4. 施設役・職員または利用者の資質向上等のための研修等
  5. 会員間の情報交換または連絡調整
  6. その他、目的達成に必要と思われること

SELP(セルプ)って何?

SELP(セルプ)とは、英語の「SELF + HELP」から造られた造語です。1995年6月14日より、授産施設に変わる新しい名称として「社会就労センター」と改称し、社会とのコミニュケーションと事業展開の名称として SELP - セルプ が誕生しました。

社会的ハンデを持つ人たちが、自分に合った働き方を見つけて社会に貢献する事と、そして自分なりの生活を作り出す「自立」を目標にしています。

SELP(セルプ)のロゴデザインの各文字は、個性をもった一人一人の人間を表し、のびのび明るく上昇していく意味が込められています。また、付加するステートメントの 「Support of Employment, Living and Participation」 は、就労と社会生活および社会参加の支援という、社会就労センターの役割として意味付けされています。

画面上へ